PATEK PHILIPPE (パテック フィリップ)

1839年、ポーランドからのスイスへ亡命してきたアントワーヌ=ノルベール・ド・パテックは時計製作を志し、時計師フランソワ・チャペックと共に“パテック チャペック”を設立、その後、世界初の実用的リュウズ巻き上げ式懐中時計を開発したアドリアン・フィリップが参加し1851年に社名を“パテック フィリップ”に改めます。
ロンドンで開かれた第1回世界万博でヴィクトリア女王から称賛されたことをきっかけに世界中の王侯貴族からの注文が相次ぎパテック フィリップの名声は不動のものとなりますが、革新性と芸術性の追求に手を緩めることはなく、部品一つ一つに手仕上げを加え、歯車の歯と歯の間までも磨き上げるその緻密さ、世界一複雑な時計を作り上げる開発技術力、一切の流行に左右されない普遍性、どんなに古いモデルでも修理可能な信頼性から“一生もの”を超えてお子様、お孫様の代まで『真に代々受け継いでいくことができる唯一の時計』とも言われています。

取扱い店舗