歴史ある老舗

明治25年 5月
秋田市において創業し、以来発展の一路を遂げ9年に東京に進出。大森駅前に店鋪を創設。同10月に渋谷に支店を開店
昭和16年 4月
日本航空計器株式会社を設立
昭和21年 9月
終戦後、大森に工場を設立し、マスター高級時計及びタイムスイッチの製造を開始
昭和23年 3月
現所在地銀座7丁目において、株式会社日新堂時計店を設立。各種時計の製造、輸出入、卸、小売販売、宝石・貴金属販売の企業体となる
昭和27年12月
通産省より外国日用品輸入および販売店に指定される
昭和29年 6月
クラウン置時計(ネジリ振子式)を、日本で初めて開発し、発売
昭和31年 8月
大森工場、増築工事完成
昭和36年 3月
本社社屋を鉄筋コンクリート建、地下1階、地上6階ビルに改築竣工
昭和47年 5月
別館を開設。貿易・卸・外商・商品・経理部を移転
昭和50年 4月
マスター水晶回転振子式時計を開発、発表
昭和56年10月
マスター水晶回転振子式時報付き置時計を、光のセンサーにより自動的に音量を調整する新機構を開発、発売(日・米・独特許出願)
平成04年 4月
創業100周年を迎える
平成08年 9月
東京営業所を大森に開設し、国内販売部の拠点とする
大森工場を羽村工場に集約。生産の合理化を計る
平成09年 9月
世界の宝飾・時計専門店のリーディングメンバーによるインタープロフェッショナル協会(AIHH)に加盟
平成17年10月
大阪ヒルトンプラザイースト内に銀座日新堂大阪ヒルトンプラザ店開店
銀座本店をリニューアルオープン
平成20年 3月
創立60周年を迎える